刑法

罪数処理がまるわかり!論述の最後の書き方【刑法総論その16】

罪数処理って結局どうやればいいの?刑法の罪数処理は併合罪をはじめ、観念的競合、牽連犯、包括一罪、北条競合など様々なものがあります。罪数の論述sの書き方を丁寧に説明しました。罪数処理に悩むすべての人に解決方法を提案します!
刑法

ここだけ注意!間接正犯の検討ポイント解説!【刑法総論その15】

間接正犯を共犯の一種だと考えていませんか?間接正犯の考え方について誤解しやすいポイントを整理した後、間接正犯とは「一方的に利用して犯罪結果を実現する」という本質の考え方から検討ポイント・考慮要素や論点をわかりやすく解説しました。
刑法

教唆犯・幇助犯の論点をわかりやすく解説!【刑法総論その14】

教唆犯・幇助犯について正確に理解していますか?教唆犯と幇助犯は、教唆や幇助という言葉の定義を押さえ、共同正犯との区別、促進的因果関係などの論点を押さえるだけで解決します。おろそかになりがちな教唆犯・幇助犯について確認したい方必見です。
刑法

文書偽造罪の複雑さを解消!わかりやすい解説【刑法各論その18】

文書偽造罪ってどの条文を適用すればいいんだろう?どの手順で検討していけばいいんだろう?と疑問に思いませんか。文書偽造罪の保護法益と要件、論点、行使罪についてわかりやすく解説しています。論述の書き方を知りたい方におすすめです。
刑法

放火罪はこれだけ押さえろ!論点解説【刑法各論その17】

法上向 今回は放火罪についてみていこう。 放火罪は種類がいろいろあってややこしいんですよね。 法上向 たしかにそうだね。けれど、論点はどの条文罪名でも共通しているんだ。さっそくみてみようか。 放火罪は、様々な条文...
刑法

よくわからない背任罪の要件・論点をわかりやすく【刑法各論その16】

背任罪はイメージしにくい分野です。保護法益が財産と委託信任関係にあること、要件は他人のために他人の事務を処理する者、背任行為、図利加害目的、故意であることを押さえたうえで、横領罪との区別の方法、背任罪の共犯という論点を押さえれば大丈夫でしょう。
刑法

横領罪の要件から論点を楽に考えてみた【刑法各論その15】

横領がよくわからないぞ! 法上向 横領はよくわからない犯罪だからイメージがつきにくいのかもしれないね。ポイントは要件を考えることだよ! 横...
刑法

恐喝罪の論点と要件をわかりやすく整理!【刑法各論その14】

恐喝罪は詐欺罪の要件から考えるとわかりやすいと思います。人を畏怖させるに足る暴行・脅迫の恐喝行為→畏怖→交付行為という流れと故意、不法領得の意思が要件です。さらに独自の論点として借金の取立てについて違法性阻却事由の見解から説明しました。
刑法

詐欺罪の論点をわかりやすく解説してみた【刑法各論その13】

詐欺罪は論点や覚えるべき事例の多い分野です。しかしすべての基礎は要件です。判断の基礎となる重要な事項を偽ることを指す欺罔行為、錯誤、行為の外形上の認識に基づく交付行為、故意、不法領得の意思です。詐欺罪の要件、論点についてわかりやすくまとめました。
刑法

強盗致死傷罪(240条)の論点を考える。強盗の機会とは【刑法各論その12】

強盗致死傷罪(刑法240条)について書きました。保護法益や要件は簡単に押さえられると思いますが、強盗の機会という論点や殺人・傷害の故意を含むという考え方がやや複雑だと思います。できるだけ簡単にそしてわかりやすく説明しました。
刑法

事後強盗罪のポイントをわかりやすくチェック【刑法各論その11】

事後強盗罪についてわかりやすく解説しました。事後強盗罪は人身犯的説明と財産犯的説明が可能です。さらに要件として「窃盗の機会」を押さえることが必要です。そして難問の事後強盗罪と共同正犯という論点があります。判例・通説の立場からまとめました。
刑法

強盗罪の論点を総解説。わかりやすくチェック【刑法各論その10】

強盗罪について書きました。保護法益は財産犯的側面と人身犯的側面より占有と身体・生命・自由です。要件は反抗を抑圧する程度の暴行または脅迫、強取が基本となります。2項強盗罪では利益移転が要件となり、具体性直接性が求められます。暴行・脅迫後の奪取意思という論点も説明しました。
刑法

窃盗罪の論点は要件から考えろ!総まとめ【刑法各論その9】

窃盗罪の保護法益は占有が通説です。そして要件として他人の占有かどうか、財物かどうか、不法領得の意思があるかどうかが論点となります。特に占有と不法領得の意思は混乱しがちなのでわかりやすくまとめました。
刑法

名誉棄損罪をわかりやすく解説してみた【刑法各論その8】

名誉棄損罪は、民法の不法行為や憲法の表現の自由との関係でもかかわる分野です。要件は、公共性、公益性、真実性と説明されます。また真実性の要件は相当な理由で信じた場合でも認められるといわれています。このように押さえるポイントを解説しています。
刑法

住居侵入罪の要件や論点を整理してみた【刑法各論その7】

住居侵入罪は刑法でも頻出の分野です。軽く論じられることが多いですが、ここでは論点をしっかり取り扱ってみました。特に住居、囲繞地、侵入、正当な理由がないこととはどういうことかについて細かく、しかしわかりやすく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました